【6,000円(税抜)以上で送料無料】今ならTRUNG NGUYENコーヒーがお得★ アジアン特集 | Room.H オンラインショップ
アジアン特集

アジアン特集

なぜ、みんながベトナムに魅かれるのでしょう。それはベトナムの歴史に秘密があるのかもしれません。ベトナムは、百数十年あまりさまざまな国に支配されてきました。中国にはじまり、次にフランス、日本がフランスの植民地支配の解放軍と称して、1940年から進駐していた時代もありました。

第二次世界大戦で日本が降伏し戦争が終結すると、ベトナム民主共和国を樹立し独立宣言をしました。しかし、独立宣言後、フランスは再びベトナムを植民地化しようとしました。(第一次インドシナ戦争)ベトナムは、北部(ベトナム民主共和国)と南部に分断していきます。ディエンビエンフーの戦いに敗れたフランスは、ジュネーブ協定に調印することで一応の決着をみたのですが、後継のアメリカが協定に参加せず、ベトナムは南北に完全に分断されました。

 アメリカ軍の北爆によりベトナム戦争がはじまりました。ベトナム戦争終結後、ベトナム社会主義共和国が成立し、ベトナムが統一されました。そんな歴史を背景に、ベトナムは、ベトナム独特の文化にさまざまな国のエッセンスが加わって、独自の進化を遂げてきました。
 ベトナムの正装「アオザイ」もそのひとつです。18世紀、清朝に支配されていた時にもちこまれた、「チャイナドレス」が起源とされています。チャイナドレス特有のスタンドカラーはそのままに、ベトナムの風土に合わせて現在の形に変化してきました。ボディラインにぴったりとフィットしているアオザイですが、ウエストあたりまで深いスリットがあり、着物のように動きが制限されず、着心地満点です。当店で紹介しているアオザイは、ベトナムの首都・ハノイにあるクオリティーの高い製品で評判の「CocoSilk」のアオザイです。色鮮やかな最高級ベトナムシルクに、丁寧に縫い込まれた刺繍がほどこされています。その華やかなアオザイは、フォーマルウェアーとしてパーティや結婚式などで大活躍すること違いなしです。ベトナム航空に乗ると客室乗務員の人たちがアオザイを着ている姿を見ることができます。

タイの商品一覧を見る   ベトナムの商品一覧を見る